フリー素材ってなに

これから使うフリー素材のことわかっていますか?

 フリー素材という言葉から多くの人は自由に使える素材と思い違いをしている人が多いと思います。

でもフリー素材の意味は

 「一定の条件で無料で使える素材」 と考えてください。

では、一定の条件とは何かというとそれは素材サイトにある「利用規程」と考えてください。もし利用規程がわからなければ一般的に多いのは次のようなものです。

  1. 基本的に個人サイトなどでの使用は無料である。
  2. 使用はほとんどがホームページ利用を念頭に置いている。
  3. 商用サイトは勝手に使ってはいけない。
  4. 再配布の禁止(ダウンロードした素材を第3者に配る行為)
  5. 直リンク禁止(ここでは詳しく説明しません、説明するとする人がいるので)
  6. 再加工禁止(大きさ、色合い、加工、合成などの禁止)

 上の記述に該当するような場合は、利用規約をよく読んで、よくわからない場合は各素材サイトに問い合せをしましょう。フリー素材は無料で使えるとても便利なものですが、画像素材であれ、音楽素材であれ、素材の提供者は多くの時間をかけ制作しています。
素材を使う人の中には利用規程を読むのが面倒だと思うかもしれません。
  でも、素材を使う時には自分でその素材が作れるか、その素材を自分で作るとしたら何時間ぐらいかかるか考えてみましょう。それを考えれば素材規定を読む時間などほんの少しの時間です。また、素材屋さんの苦労もわかってもらえると思います。

ほんとにこれはフリー素材?

 ここの内容は素材屋さんにも読んでほしい内容です。残念ながら素材屋さんと名乗っている人の中にもフリー素材の意味をわかっていない人がいるのです。そして、その素材を知らないで使ってしまった人は著作権侵害に取られることも多くあります。下記のような素材があったら使わないようにしてください。
  1. 版権物を素材としておいてある。(版権違反)
    (ディズニーのキャラクター、キティ、ドラえもん、ゲームキャラクターのなどの素材は基本的に個人の素材サイトでは配布はできません)
  2. 許可なく、第3者を撮った写真素材など(肖像権違反)
  3. ブランド品や企業のロゴなどを写真やイラスト素材して配ること(商標権違反)
  4. CDなどで聞いたことある曲をそのまま,MIDIやMP3などで音楽素材として配るサイトは、一般的にCDなどで聴いたことがある曲はJASRACという、音楽の著作権を一括管理しいている機関に、有料でお金を払わなければ素材として配ることはできません。また、その音楽素材を利用した人も、JASRACに著作料を払う必要があります。
  5. 他の素材サイトで見たことある素材を配布している(盗作の可能性)

 このようなサイトは素材サイトとして名乗っているサイトのほんの一部ですが、上記なようなサイトを見たら、基本的にそこの素材は使わないでください。使った人が知らないうちに著作権侵害になってしまうことがあります。これらのものはフリー素材としては扱えないものなので魅力的でついつい使ってしますことがありますので注意が必要です。

関連用語

版権
  出版権のこと、一般的に出版物やテレビなどでみたキャラクターなどは版権物と考えていいと思います。

肖像権
 すべての人に認められている権利で勝手に被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。

商標権
 特定の企業などが企業名や商品などの名前やマークなどを使える権利、広い意味ではブランド名と考えてもよい。

学校で使える素材集の各ページはフリーです

素材の紹介ページ以外のページは自由にリンクOK!

 これらの内容の理解を促進するために学校で使える素材集の素材サイトの紹介ページ以外はすべてのページについてリンクをフリーとします。印刷などをして配布してもらってもかまいません。素材サイトで説明が面倒な場合には直接このページにリンクして頂いてかまいません。

ナビゲーション

スタイル変更

関連サイト

運営について

Copyright (C) 2006 kage, All rights reserved.